福岡・飯塚「強制連行追悼施設」市民「見直しを」民主「強制連行に自信がある」在日韓国・朝鮮人や自治労関係者らが建設した反日施設。地元福岡では在日が「出稼ぎで来た」と語る事も多々。

ダイエットサプリのミーコが無料

福岡・飯塚「強福岡・飯塚「強制連行追悼施設」市民「見直しを」民主「強制連行に自信がある」在日韓国・朝鮮人や自治労関係者らが建設した反日施設。地元福岡では在日が「出稼ぎで来た」と語る事も多々。制連行追悼施設」市民「見直しを」民主「強制連行に自信がある」在日韓国・朝鮮人や自治労関係者らが建設した反日施設。

福岡・飯塚「強制連行追悼施設」市民「見直しを」民主「強制連行に自信がある」

ソース:産経ニュース

福岡県飯塚市の市営飯塚霊園内に、日本の戦争責任を一方的に非難する内容の朝鮮人追悼碑がある問題で、地元住民らが8日、斉藤守史市長と鯉川信二市議会議長に対し、見直しに向けて、碑を管理するNPO法人と協議するよう求める陳情書を提出した。住民らは「追悼施設が政治利用されている」と批判する。

追悼碑は霊園内の「国際交流広場」と呼ばれる公共の場にある。平成12年、在日韓国・朝鮮人や自治労関係者らでつくる「在日筑豊コリア強制連行犠牲者納骨式追悼碑建立実行委員会」が、納骨堂「無窮花(ムグンファ)堂」と一緒に建設した。建設費として飯塚市職員労働組合などから寄付金を集めたという。

同委員会は、NPO法人「国際交流広場無窮花堂友好親善の会」(無窮花の会)に改組し、碑の管理などをしている。

問題の碑文は日本語とハングルで「日本の植民地政策により、数多くの朝鮮人と外国人が日本各地に強制連行されました」「筑豊には15万人にも上る朝鮮人が炭鉱で過酷な労働を強いられ、多くの人びとが犠牲となりました」などと記されている。

朝鮮半島出身者が筑豊の炭鉱で働いていたのは事実だが、「強制連行」の実態や人数について詳しいことは分かっていない。住民グループが提出した陳情書では、この「強制連行」の部分について「(日本の)政府見解に反する」と問題視した。

また、「国際交流広場」の大部分の土地を、無窮花の会が無料で占有している点も指摘した。市などによると、無窮花の会側は、納骨堂の永代使用・管理料として88万円を市に支払ったが、その他の区画については無償で使用しているという。

無窮花の会理事長で元民主党県議の吉●(=木へんに却の去がタ)(きりゅう)順一氏(67)は、産経新聞の取材に対し「強制連行など碑文の内容には自信がある。追悼施設は、市と事前に打ち合わせし、設置許可も出た。市や住民グループとの協議は必要があれば考えたい」と述べた。

【当サイトの考察】

「先の戦争において日本の植民地政策により、数多くの朝鮮人と外国人が日本各地に強制連行されました。筑豊には15万人にも上る朝鮮人が炭鉱で過酷な労働を強いられ、多くの人々が犠牲となりました。筑豊の発展と日本の近代化は、正に朝鮮人を始めとする外国人労働者の血と汗と涙無しでは語れません。」

以上の様に、平和を祈る施設ではなく、日本を一方的に咎める内容が書かれた施設が公共の場所を占拠し、更には無料で使用されている状況だ。在日、民主党だけではなく、自治労まで加担してやっているので事は簡単に進んだのだろう。

これの建設に尽力したのが韓国人の裵来善で、自信も強制労働させられたと語っていたが、私の住む、地元福岡県では在日1世や、その子孫から話しを聞くと「韓国での弾圧や虐殺が恐ろしかったから逃げて密航した」とか「出稼ぎで来た」と言う事しか聞いた事が無い。

にた様な物は他にもある。

田川市石炭記念公園 韓国人徴用犠牲者慰霊碑

ソース:http://hasiru.net/~maekawa/mine/tagawa/tagawa3.html

田川市石炭記念公園 韓国人徴用犠牲者慰霊碑

思えば、大韓帝国末期、日本は「日韓併合」の美名のもとに人道に悖(もと)る政策を断行した。特に第二次世界大戦が 勃発するや韓国人の徴用、強制労働は、さらに苛酷なものになった。

なつかしい故国と父母、妻子、兄弟、姉妹、親戚とも引き裂かれ、不慣れな風俗、人情の地、日本に強制連行され、戦争 にかり出され、また、労役に苦しめられた。そして、ついには、夢寐(むび)にも忘れぬ父母、妻子、美しい故国の山河を 二度と見ることもなく逝ったのである。

ちなみに上記の慰霊碑、当の田川市のHPでは存在が隠されている。

田川市HP

石炭記念公園のページを見ても分かる様に何も存在が書かれていないどころか、公園にある施設案内にも書かれていない。これも公園内である為、公共の場に一方的な主張が書かれていると言う事になる。また、それを日本人の多くが分からない様に市がしていると言う事になる異常な状態。

 

強制連行中国人殉難者 鎮魂の碑

ソース:http://www.kageshobo.co.jp/main/kage-tuusinn/chikuhou090209.html

強制連行中国人殉難者 鎮魂の碑

こちらも上記と同様の田川市の石炭記念公園内にあるが、その存在は書かれていない。強制連行・強制労働を強いられた中国人17名の名前が刻まれている。

飯塚市は福岡県第8区で衆議院議員は自民党の麻生太郎副総理が圧勝で選出されている。田川市は福岡県第11区で衆議院議員は自民党の武田良太防衛副大臣が圧勝で選出されている。どちらも市民の声が上がれば、この様な問題で無視するタイプではないので、今後動きが出てきそうだ。

 

ダイエットサプリのミーコが無料
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
出会いSNS PCMAX(PCマックス)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

  1. 記事紹介、解説ありがとうございました。私たちが提出した陳情文です

    陳情文は、以下の通りです

     平成27年9月8日
    飯塚市市長 齊藤 守史 様
    飯塚市議会議長  鯉川 信二 様
                  国際交流広場(飯塚市霊園内)の正常な運営を求める会              
       
       国際交流広場(飯塚市霊園内)を占有している無窮花堂と追悼碑、歴史回廊に関する陳情 

    要旨 
    市民のための国際交流広場(飯塚市霊園内)が、現在、一部の団体の歴史観、政治的主張の為の場となっています。同広場は、本来公共の場であり、国籍、宗教に関係なく市長を含む多くの住民が筑豊を支えた先人を慰霊し、感謝の誠をささげる場所であるべきです。そのためにも、同広場を実質的に占有しているNPO「無窮花の会」と飯塚市が早急に協議を開始、善処されるよう要望し、陳情します。

     理由   
       ① 国際交流広場の碑文に「強制連行」とありますが、日本政府の立場は、朝鮮人の「強制連行」はなかった、あったのは朝鮮人の「徴用」であり、「徴用」は法律で定められた合法なものである、というものです。「強制連行」は日本糾弾を目的とする団体が用いる政治的用語であり、飯塚市の施設内の碑文に政府見解に反する用語が使用されているのは不適切と考えます。碑文にはその他にも「植民地支配」「過酷な労働の犠牲」「遺骨の放置」等、論議が分かれている文言が用いられています。

    (徴用は日本国民全般を対象とした国民の義務であり法定により、きちんと給与も支払われた。日本内地では徴兵に加えて1939年7月に施行された。外地朝鮮への適用は徴兵と同じくできる限り差し控え、ようやく終戦前年の1944年9月に至って初めて、朝鮮から内地に送り出される労務者について実施された。1945年3月以降は関釜間の通常運行が途絶、朝鮮人徴用労務者が導入されたのは1944年9月から1945年3月までの短期間―引用参照 昭和35年2月 外務省発表集10号。徴用を忌避すれば罰則があり、法的強制力はあったが拉致のような物理的強制ではなかった。)
    (一方では、無窮花の会の役員の方で、日本国政府への行政訴訟「在日コリアン無年金福岡裁判」の原告になられた方がいます。敗訴が確定しましたが、日本政府に国家賠償を求める裁判中、原告陳述書の中でこの無窮花堂、追悼碑建立の件が述べられています。又、日本に謝罪させることを目的とするSTONEWALK KOREAとも同会は連携、2007年3月は、国際社会に向けて無窮花堂がその出発点となりました。無窮花堂が、一部の団体の政治的主張のための象徴として利用されています。折角認定された長崎の炭鉱・端島を始め国内のユネスコ世界遺産等に、飯塚市のこの広場内の碑文にある「強制連行」が何がしかの負の影響を与える為に利用されかねないと不安を感じます。)

      ② 無窮花堂に納骨されている遺骨の中には、ガラス越しに確認しただけでも、
    没年が、昭和8年、昭和21年、昭和35年などのものがあります。徴用期間とは全く合致せず、追悼碑文や、飯塚市と建立団体との覚書の趣旨にも反します。幼児や女性の遺骨も納骨されているようですですが、幼児や女性も「強制連行」されたとでも言うのでしょうか。

    (碑文には、根拠もなく「放置」とありますが、地元のお寺が長年「安置、供養を続けていた」引き取り手のない半島出身者の遺骨を、どのような法的根拠で、縁者でない無窮花の会の方が集めることができたのか不思議です。そのような特別な条例が飯塚市にあるのでしょうか? 又、お寺に安置されていた来歴と無窮花堂に納められた経緯は各遺骨に付、記録として残され、無窮花堂に保存されているのでしょうか。遺骨の韓国への返還が決まった2006年の日韓首脳合意をむしろ阻害することにならないかと危惧します。)   

     ③ 納骨堂(無窮花堂)として永代管理料、永代使用料の880,000円を飯塚市は建立団体より収受していますが、その契約面積は4m×4mです。しかし、実測したところ、堂だけで7m×7mを占有、さらに、追悼碑、狛犬、歴史回廊と契約面積以外の国際広場の大部分の土地を、無窮花の会が無料で占有しています。飯塚市霊園条例に違反しているのではないでしょうか。さらに追悼碑のみならず歴史回廊では、無窮花の会の一方的な政治的主張、歴史観を市民に強要する展示が為されています。

    (現状の放置は、市財産の管理を怠る事実、財産の侵害に対する損害賠償を怠っているとして「住民監査請求」の対象にもなりうると危惧します。)    

    市民の財産である国際交流広場が、このように政治利用される状況に至ったのは、飯塚市現執行部、現議会とは無関係なのは明らかです。しかし、現在の飯塚市政が過去の先輩方に遠慮して現状を放置することは論外ではないでしょうか。市議会におかれましては、議員の皆様全員に国際交流広場を視察、調査されるよう希望します。そして、国籍、宗教に関係なく筑豊を支えた先人を、市長を含む多くの市民、住民が、顕彰し、慰霊する公共の広場に相応しい場所にして下さい。広場を実質的に占有しているNPO「無窮花の会」と飯塚市が早急に問題解決のための協議を早急に開始するよう要望、陳情します。
     
    以下関連記事

    「政治利用」住民ら改訂・撤去を要求 朝鮮人追悼碑に「強制連行」など非難の文 福岡・飯塚市営霊園の敷地内
     産経新聞 2014.5.19http://www.sankei.com/politics/news/140519/plt1405190004-n1.html

    拡散 麻生総理お膝元飯塚市朝鮮人追悼施設の矛盾について 飯塚市議会議員が切りこむ 

    半島出身者を指す場合は『朝鮮の人』と呼んでいた。差別意識があるなら、『朝鮮人』と呼ぶはずだ。

    こうした白々しい行為が、登録阻止をねらった美談仕立のパフォーマンスにしか見えなくなる。

    慰安婦「性奴隷」「強制連行」が嘘だと知れた今韓国、左翼マスコミが次に狙いを付けたのは「強制」徴用

    拡散 小学校副教材「強制連行」は削除 朝鮮人追悼碑に抗議メールを!次は麻生総理お膝元飯塚市議会

    平和団体と言う名で身勝手な利益を追求する団体が全国にうようよ?

    拡散希望 親愛なる在日僑胞(キョッポ)の皆様 日韓条約批准書交換に関する朴正煕韓国大統領談話  

    公園を管理する飯塚市都市計画課に私たちの陳情に関しての支持、応援メール、電話等ご協力いただければ幸甚です

    所在地 〒820-8501
     福岡県飯塚市新立岩5番5号
     飯塚本庁舎 2階
    連絡先 [代表]0948-22-5500(内線1281/1282)
    E-mail toshikei@city.iizuka.lg.jp

     
    (追伸 毎日、同じ記事、お願いで、恐縮です。皆様のご協力の積み重ねがあってこそ行政、議会が重い腰を上げます。よろしくお願いいたします。 尚、読者の方から、趣旨には賛同するが、在日の友人がいて複雑な気持ちだとのメッセージが寄せられております。お気持ちは私も同じです。 私にも生涯の友とも呼べる帰化した知人がいます。
    今回の陳情団体共同代表である私たちは、戦前、戦後、炭鉱事故等でなくられた方たちが、現在の国籍に関係なく、日本の近代化、復興に貢献された方々として英霊と同様に、顕彰、慰霊されて当然と考えております。
    そして、現在の在日の方々に関して、一部の団体が主張する奴隷のように扱われた強制連行者の末裔とすることは、むしろ、失礼と考えるようになりました。彼らも、私たちと同様に、戦前戦中と、日本国民として困難な時代を経験し、日本の復興の礎となられた尊敬すべき祖先の末裔なのです。
    私の知人の帰化された方、在日の方で、先祖が奴隷のように強制連行されてきたなどと語る人を私は知りません。彼らは先祖を敬う誇り高き朝鮮民族系日本国民であり、台湾系日本国民であり、韓国民、朝鮮国民、台湾国民だと、私は考えています。)


カテゴリー

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. SEALDs奥田愛基「“安倍しね”それくらい思って当然」自分への殺害予告は即集団的自衛権を発動した奥田愛基さん、安倍首相へ殺害予告紛いのツイートを行い批判が殺到、こっそりツイートを削除しツイッターから逃亡宣言01
    SEALDs奥田愛基「“安倍しね”それくらい思って当然」安倍首相へ殺害予告紛いのツイート 暴力…
  2. ダイエットティー「飲まなく茶」
    「つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド」が人気 主婦の…
  3. 専門医「葉酸を添加して先天性疾患予防を」妊娠してから摂取するのは遅く、妊娠前から摂取しないと良い効果は得られないので注意が必要。
    専門医「葉酸を添加して先天性疾患予防を」 ソース:ヨミドクター 先天性の脳や脊髄の病気予…
  4. 犬猫のアレルギーはドッグ&キャットフードにある!?毛が抜けてハゲたりボソボソになったり、痒がる、体重が減りガリガリに、耳の中に赤いブツブツ、涙と目ヤニが酷い、口周りを掻く、湿疹の原因に。
    犬猫のアレルギーはドッグ&キャットフードにある!? ヤフー知恵袋に投稿されていた質問を見ると……
  5. 学校プール「子ども日焼け止め禁止」せめて長袖OKにするべき
    学校プール「子ども日焼け止め禁止」せめて長袖OKにするべき ソース:ヤフーニュース(女性自身)…
  6. 不妊原因は男性にも「精子も老化」トマトのリコピンで改善の研究結果も
    不妊原因は男性にも「精子も老化」トマトのリコピンで改善の研究結果も ソース:NHK 齊藤…
  7. チュート徳井「ボディケア美容器」で3ヶ月で4キロのダイエット成功。話題のヤーマン株式会社のボディケア美容器「RFボーテ キャビスパ」とは!?
    チュート徳井「ボディケア美容器」で3ヶ月で4キロのダイエット成功 6月29日、…
  8. 駆け込みドクター腸内環境(腸内フローラ)特集!腸内フローラとは何?7500種類のヨーグルトの差、違いとは?善玉菌優勢する為にオリゴ糖と食物繊維が必要!便移植療法とは?
    駆け込みドクター腸内環境(腸内フローラ)特集! 5月31日19時~TBS系列で「超スッキリ!腸…
  9. がん死者20%減、目標達成困難、喫煙率下げる努力より塩分摂取量を減らす努力をすべき。塩分摂取過多で死亡する人は交通事故で死亡する人の6倍という試算。
    がん死者20%減、目標達成困難 ソース:読売新聞 国立がん研究センターは20日、がんによ…
  10. ハマボウフウ
    NHKあさイチ紹介高級つまもの野菜「ハマボウフウ」 NHKあさイチで紹介され話題になっている「…

エレボスちゃんねる

おすすめ記事

  1. 民主蓮舫氏「うちわは公職選挙法違反!」過去自身も配った事がバレ「私のは紙だけで穴も開いてない」02
    1億総活躍社会に民主・岡田「民主のパクリ」 ソース:朝日新聞 民主党・岡田克也代表 …
  2. ユネスコ
    ユネスコ「南京大虐殺」を記憶遺産登録 ソース:産経ニュース 中国が申請していた「南京大虐…
  3. 小西洋之
    産経記事は、事実関係すら異なる違法な中傷記事であり法的措置を検討します。 ①差し替えたツイートが…
  4. 韓国旅行は危険!ミネラルウォーターは細菌が通常の1200倍で非衛生的な水を詰めていた事が発覚。2008年以降、韓国全土のホテル、飲食店で使用。2008年以降に韓国で無料の水を飲んだ人は漏れなく細菌まみれの水を飲んだ模様
    韓国旅行は危険!ミネラルウォーターは細菌が通常の1200倍で非衛生的な水を詰めていた事が発覚 …
  5. 岡田克也
    民主・岡田代表「日本も難民受け入れを」今年のはじめには移民受け入れを反対していた岡田 ソース:…
  6. 辺野古
    辺野古区住民「7~8割が基地容認、知事は区の民意を無視」「尖閣狙う中国の脅威を無視」 ソース:…
  7. 民主、自民の大沼瑞穂へのセクハラ暴行に「関係ない」「謝罪するつもりない」津田弥太郎は引退し逃亡の予定。決定的証拠があるにも関わらず謝罪もしない民主を自民は告訴すべき。中国、朝鮮半島の女性の人権にしか興味が無い売国民主。
    民主、自民の大沼瑞穂議員へのセクハラ暴行に「関係ない」「謝罪するつもりない」津田弥太郎は引退し逃…
  8. 国会前デモ連休が始まり参加者「1万人」が「200人」に激減。SEALDs奥田「もし法案が通れば国会前には今以上に人が押し寄せて大変な事になりますよ」現実は日当が出なくなり参加者は殆どいなくなった。
    国会前デモ連休が始まり参加者「1万人」が「200人」に激減 ソース:読売オンライン 国会…
  9. 民主・小西洋之らが参院特別委員会で暴力行為!自民党の女性若手議員が負傷していた!これに対し民主・福山哲郎こと元中国人の陳哲郎は与党に対し「暴力的な採決が無効」徳永エリ「民主党の女性議員が足をつかまれた」と逆ギレ
    民主・小西洋之らが参院特別委員会で暴力行為! 17日行なわれた参院平和安全法制特別委員会での安…
  10. SEALDs01
    「SEALDs中心メンバーの正体」同じ高校の出身者で左翼思想を徹底的に植え付けられた同志 ソー…
ページ上部へ戻る