朝日新聞の元社長、木村伊量が外国特派員協会フリー記者として復活するも、経歴に吉田調書や従軍慰安婦を巡る一連の捏造・誤報問題の責任をとる形で、社長を辞任した事については掲載せず。

ダイエットサプリのミーコが無料

朝日新聞の元社長、木村伊量が外国特派員協会フリー記者として復活するも、経歴に吉田調書や従軍慰安婦を巡る一連の捏造・誤報問題の責任をとる形で、社長を辞任した事については掲載せず。

朝日新聞の元社長、木村伊量が外国特派員協会フリー記者として復活

朝日新聞の元社長、木村伊量が外国特派員協会フリー記者として復活するも、経歴に吉田調書や従軍慰安婦を巡る一連の捏造・誤報問題の責任をとる形で、社長を辞任した事については掲載せずネットでは鋭いツッコミが沢山入れられている。

経歴

フリージャーナリストの木村伊量は朝日新聞元社長兼最高経営責任者(CEO)である。木村は政治学と経済学の学位を取得して早稲田大学を卒業しました。彼は1994年にコロンビア大学の東アジア研究所客員研究員として日米関係を研究し、30年以上、政治ジャーナリストとして働き、1994~1997年、朝日ワシントンDC局政治特派員としてクリントン政権をカバー。2000~2005年、論説委員、政治ニュース編集者、東京本社で編集長として働いた。2006年、ヨーロッパ一般局長に任命…

なんて書かれていますが、朝日新聞の社長を辞任した経緯については何も記載されていない。かなり大きな出来事で、この人物がどういうスタンスだったのかを知るにも大切な情報のはずだが…。ついでに社長を辞任する際に「特別顧問」に就任しようとしたが、社内の反発が強く辞退に追い込まれた事も書いておくべきでしょう。

木村伊量は株式会社テレビ朝日社外取締役も今年の5月に開催された取締役会で退任しており、様々な肩書きが無くなった上で、「フリー」として、どういうスタンスで報道に関わっていくのか注目される。

 

ダイエットサプリのミーコが無料
出会いSNS PCMAX(PCマックス)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

認証コード *

カテゴリー

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. SEALDs奥田愛基「“安倍しね”それくらい思って当然」自分への殺害予告は即集団的自衛権を発動した奥田愛基さん、安倍首相へ殺害予告紛いのツイートを行い批判が殺到、こっそりツイートを削除しツイッターから逃亡宣言01
    SEALDs奥田愛基「“安倍しね”それくらい思って当然」安倍首相へ殺害予告紛いのツイート 暴力…

おすすめ記事

  1. 民主蓮舫氏「うちわは公職選挙法違反!」過去自身も配った事がバレ「私のは紙だけで穴も開いてない」02
    1億総活躍社会に民主・岡田「民主のパクリ」 ソース:朝日新聞 民主党・岡田克也代表 …
  2. ユネスコ
    ユネスコ「南京大虐殺」を記憶遺産登録 ソース:産経ニュース 中国が申請していた「南京大虐…
  3. 小西洋之
    産経記事は、事実関係すら異なる違法な中傷記事であり法的措置を検討します。 ①差し替えたツイートが…
  4. 韓国旅行は危険!ミネラルウォーターは細菌が通常の1200倍で非衛生的な水を詰めていた事が発覚。2008年以降、韓国全土のホテル、飲食店で使用。2008年以降に韓国で無料の水を飲んだ人は漏れなく細菌まみれの水を飲んだ模様
    韓国旅行は危険!ミネラルウォーターは細菌が通常の1200倍で非衛生的な水を詰めていた事が発覚 …
  5. 岡田克也
    民主・岡田代表「日本も難民受け入れを」今年のはじめには移民受け入れを反対していた岡田 ソース:…
  6. 辺野古
    辺野古区住民「7~8割が基地容認、知事は区の民意を無視」「尖閣狙う中国の脅威を無視」 ソース:…
  7. 民主、自民の大沼瑞穂へのセクハラ暴行に「関係ない」「謝罪するつもりない」津田弥太郎は引退し逃亡の予定。決定的証拠があるにも関わらず謝罪もしない民主を自民は告訴すべき。中国、朝鮮半島の女性の人権にしか興味が無い売国民主。
    民主、自民の大沼瑞穂議員へのセクハラ暴行に「関係ない」「謝罪するつもりない」津田弥太郎は引退し逃…
  8. 国会前デモ連休が始まり参加者「1万人」が「200人」に激減。SEALDs奥田「もし法案が通れば国会前には今以上に人が押し寄せて大変な事になりますよ」現実は日当が出なくなり参加者は殆どいなくなった。
    国会前デモ連休が始まり参加者「1万人」が「200人」に激減 ソース:読売オンライン 国会…
  9. 民主・小西洋之らが参院特別委員会で暴力行為!自民党の女性若手議員が負傷していた!これに対し民主・福山哲郎こと元中国人の陳哲郎は与党に対し「暴力的な採決が無効」徳永エリ「民主党の女性議員が足をつかまれた」と逆ギレ
    民主・小西洋之らが参院特別委員会で暴力行為! 17日行なわれた参院平和安全法制特別委員会での安…
  10. SEALDs01
    「SEALDs中心メンバーの正体」同じ高校の出身者で左翼思想を徹底的に植え付けられた同志 ソー…
ページ上部へ戻る