米国の盟友で日本は最も「残酷非道」とは書かれておらず中華メディア、フォーカスアジアの捏造記事で印象操作。日本は最も「残酷非道」とは書かれておらず、地獄から来た悪魔はパキスタンとの事で書かれているだけ。

ダイエットサプリのミーコが無料

米国の盟友で日本は最も「残酷非道」とは書かれておらず中華メディア、フォーカスアジアの捏造記事で印象操作。日本は最も「残酷非道」とは書かれておらず、地獄から来た悪魔はパキスタンとの事で書かれているだけ。

ソース:http://nationalinterest.org/feature/the-5-most-precarious-us-allies-all-time-12075

「The 5 Most Precarious U.S. Allies of All Time」

米国の最も不安定な5つの同盟国

国際的な政治の同盟は、せいぜい必要悪(自由主義の政治哲学の政府にいくらか類似した)です。 地球益による地域の主導権のために、アメリカ合衆国のように、同盟国はグローバルに力を発揮するため、ワシントンには必要不可欠です。

最高の同盟国さえ決して終わらない片頭痛と苦悶の原因で、その事実は彼らを支えることで仕事を課される外交官と将校のためのたいした慰めにもならない事です。 多くの人々は、アメリカにはイスラエルより偉大な友人がいないと主張します。 が、イスラエルは、米政府当局者にとって都合の悪いタイミングで和解拡張を発表する。

フランス(アメリカの最もなつかしい同盟国)は、冷戦の間にアメリカ合衆国と絶えず争っていて、それの後10年に強い力でアメリカを非難して、2003年にはアメリカのイラク侵攻に対しグローバルな反対を主導しました。 同様に、米日同盟は、アジアのアメリカの同盟システムの基盤である。 しかし、安倍晋三の選挙を初めに歓迎したにも関わらず、米政府当局は日本の首相の安倍晋三の歴史見解と靖国神社への参拝に失望しました。
米国の同盟国は完璧でありません。 しかし、特に便宜の5つの同盟は、目立ちます。 (注意する:リストは形式的条約同盟国に限られていません。)

この様な文章で始まり、その後、5つの米国史上で危険な5大盟友を紹介し、1番目に日本を紹介しています。

1. 日本帝国

日本人は真珠湾攻撃成功を祝い、提督山本五十六は「私は、我々がした全てが眠れる巨人を目覚めさせ、彼が恐ろしい決意で埋め尽くされる」と恐れています。米国がペリーを派遣し鎖国の日本を強制的に開放させ、米国は最終的に交渉よりも多く交換する事になりました。

彼等は抵抗しなくなった後、日本の指導者は、人類史上比類ない情熱で近代化を受け入れた。この動きの根底には、再び西欧列強に苛められる事が無い様に、日本を強国に変えたいという願望でした。

2国関係は特に中国や移民問題に対し東京は中国の義和団運動を抑制する上で、米国と欧州の列強に参加しました。その前にも、セオドア·ルーズベルトは、アジアにおけるロシアとのバランサーとして日本を利用しました。また、日本は第1次世界大戦中にドイツの太平洋地域での所蔵品摘発など対抗力として、貴重だった。戦争の結果、継続的な緊張にも関わらず、日本と米国は1922年のワシントン会議で重要な協定に調停しました。

中国とアジアの緊張が高まって、これまで続いてきた物を上回りました。2000人以上の米国人を殺して、1000人以上を負傷させた真珠湾攻撃によって、絶頂に達した日本帝国が不意打ちで奇襲をし、アジア太平洋地域の、米国影響下にあるフィリピンなどを征服、野蛮で凶暴な領土統治を行います。

旧日本兵の投降率は呆れるほど低く、いつくかの情報源によると、日本軍の1%~3%が戦争を通じて降服、残りは自殺、戦い続ける事が出来ない程の、重傷者や病気を負った者。太平洋戦争における米国の死傷率は欧州よりも約3倍半多い。

ソースのサイトには、この様に書かれていましたが、日本で話題になっているニュース記事、中華メディアのフォーカスアジアの記事を見ると…

ソース:フォーカスアジア

米メディア「ナショナル・インタレスト」のウェブサイトは21日、米国史上において危険だった、あるいは危険な同盟国を5つ挙げ、なかでも日本は「最も残酷非道」であると評する文章を掲載した。環球時報が22日報じた。

文章は、歴史上米国の頭を悩ませてきた5大盟友として日本、ソ連、サダム・フセイン統治下のイラク、パキスタン、パフラヴィー朝時代のイランを挙げ、これらの「盟友」を地獄からやってきたとまで称している。

日本については、野蛮で凶暴、投降兵も少なく戦争は激化して欧州より3倍以上も死傷した兵士の数が多かったとは書かれていますが、この5つの国の中で日本は最も「残酷非道」とは書かれておらず、これは、中華メディアのフォーカスアジアが勝手に書き加えたものでしょう。1番目に紹介されていたので、1番残虐非道という取り方も無いでしょうし、ソースの記事を見て分かる様に、日本に対しての記事は少なく、他の国の方が多く様々言及されています。

更には地獄から来た悪魔というのはパキスタンとの事で書かれていて、他の国に対してじゃありませんので、これも間違いと言うか、明らかに日本に対し、日本人が悪いイメージを持つ様に、または米国に悪いイメージを持つ様に仕向ける、捏造記事、印象操作を行っています。日本に対するう他の部分の記事も、付け足しがあり、印象が全く違う記事になっています。

 

ダイエットサプリのミーコが無料
出会いSNS PCMAX(PCマックス)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

認証コード *

カテゴリー

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. SEALDs奥田愛基「“安倍しね”それくらい思って当然」自分への殺害予告は即集団的自衛権を発動した奥田愛基さん、安倍首相へ殺害予告紛いのツイートを行い批判が殺到、こっそりツイートを削除しツイッターから逃亡宣言01
    SEALDs奥田愛基「“安倍しね”それくらい思って当然」安倍首相へ殺害予告紛いのツイート 暴力…

おすすめ記事

  1. 民主蓮舫氏「うちわは公職選挙法違反!」過去自身も配った事がバレ「私のは紙だけで穴も開いてない」02
    1億総活躍社会に民主・岡田「民主のパクリ」 ソース:朝日新聞 民主党・岡田克也代表 …
  2. ユネスコ
    ユネスコ「南京大虐殺」を記憶遺産登録 ソース:産経ニュース 中国が申請していた「南京大虐…
  3. 小西洋之
    産経記事は、事実関係すら異なる違法な中傷記事であり法的措置を検討します。 ①差し替えたツイートが…
  4. 韓国旅行は危険!ミネラルウォーターは細菌が通常の1200倍で非衛生的な水を詰めていた事が発覚。2008年以降、韓国全土のホテル、飲食店で使用。2008年以降に韓国で無料の水を飲んだ人は漏れなく細菌まみれの水を飲んだ模様
    韓国旅行は危険!ミネラルウォーターは細菌が通常の1200倍で非衛生的な水を詰めていた事が発覚 …
  5. 岡田克也
    民主・岡田代表「日本も難民受け入れを」今年のはじめには移民受け入れを反対していた岡田 ソース:…
  6. 辺野古
    辺野古区住民「7~8割が基地容認、知事は区の民意を無視」「尖閣狙う中国の脅威を無視」 ソース:…
  7. 民主、自民の大沼瑞穂へのセクハラ暴行に「関係ない」「謝罪するつもりない」津田弥太郎は引退し逃亡の予定。決定的証拠があるにも関わらず謝罪もしない民主を自民は告訴すべき。中国、朝鮮半島の女性の人権にしか興味が無い売国民主。
    民主、自民の大沼瑞穂議員へのセクハラ暴行に「関係ない」「謝罪するつもりない」津田弥太郎は引退し逃…
  8. 国会前デモ連休が始まり参加者「1万人」が「200人」に激減。SEALDs奥田「もし法案が通れば国会前には今以上に人が押し寄せて大変な事になりますよ」現実は日当が出なくなり参加者は殆どいなくなった。
    国会前デモ連休が始まり参加者「1万人」が「200人」に激減 ソース:読売オンライン 国会…
  9. 民主・小西洋之らが参院特別委員会で暴力行為!自民党の女性若手議員が負傷していた!これに対し民主・福山哲郎こと元中国人の陳哲郎は与党に対し「暴力的な採決が無効」徳永エリ「民主党の女性議員が足をつかまれた」と逆ギレ
    民主・小西洋之らが参院特別委員会で暴力行為! 17日行なわれた参院平和安全法制特別委員会での安…
  10. SEALDs01
    「SEALDs中心メンバーの正体」同じ高校の出身者で左翼思想を徹底的に植え付けられた同志 ソー…
ページ上部へ戻る