石原慎太郎共同代表会見要約 日本維新の会が分党へ

ダイエットサプリのミーコが無料

日本維新の会が分党へ

日本維新の会を分党する事にあたって、会見を開いた石原新太郎共同代表の会見の内容の要約です。

日本維新の会が分党する事になった件について、石原新太郎共同代表が会見しました。その会見内容の要約。ソース:産経新聞 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140529/stt14052917320009-n1.htm 

「名古屋に出向きまして、4時に名古屋のある場所で橋下さんと会見しまして、『分党をしたい』ということを申し上げました。…私が都知事を辞めて、あえて国会に戻った理由は、いろいろありますが、その一つはなんといっても、日本の憲法をかえて、この国を立て直したいという、かねてからの私の熱願です」

 

「それと、20年近く前に私が永年勤続で表彰をうけたときに、その謝礼の演説で、私はこの国の国政というか、(国政に)携わっている自民党に愛想を尽かして、(衆院)議員を辞職すると明言しましたが、そのときに申したことですけれども、日本が戦後、ずっと米国のほとんど、飼い殺しのままにいろいろと収奪されてきた。男の体は成(な)しているけれども機能を失った、いわば宦官のような国になったということの、自責と、それも踏まえて議員を辞職しました」

 

「中央官僚の支配している政治というものはやっぱり、変えなくちゃいかん」

 

「当時の橋下(徹)大阪府知事とですね、非常に共感するところが多くて、私は彼との出会いは人生の中で快事」

 

「今日ここにいたるまで、いろいろと党の中にぎくしゃくしたことがあったことは否めませんが、その最初のはしりとして小さな亀裂がその4人の、橋下さんとの会談の中にありました。その時、橋下さんがはっきりと、「私たちが必要としているのは、石原さん一人で、平沼さんたちは必要がない」ということを(言った)」

 

「この国を立て直すために、アメリカが日本を解体・統治するための一つの便法として作ったあの憲法、日本文としても間違いだらけの憲法をですね、私は何としても直したいと思ってる」

 

「前文という非常に醜悪な日本語で書かれている、憲法の理念をうたっているつもりの文章(は)、助詞ひとつ取っても間違いだらけ…日本語に愛着を持つ日本人の一人として、とても我慢がならない」

 

「橋下さんがですね、どういう所存でか、『結いの党との合体を一つの引き金にして野党再編をしたい』と」

 

「集団的自衛権に対する江田氏の見解、結いの党の見解、あるいは集団的自衛権という日本にとっての致命的な問題に対する見解に大きな齟齬(そご)が感じられて、私はですね、これ、とても、こういう人たちと維新の会が合体するゆえんはないなという確信を抱くに至りました」

 

「私たちが政治生命かけてきた問題について、いかにも合点のいかない政党と手を組むということは、私は許容できない」

 

「分党ということについてはですね、実は、最初に言い出したのは私らだけじゃありませんで。実は、前々回の執行役員会でもですね、橋下さんが「来年の統一地方選を考えると、非常にいろんな問題がある。それをクリアするために、大阪維新の会が独立して一つの政党になって、結いの党と合体して、力を添えあって、地方選挙を切り抜けたい」ということを申されて。これは、私たち、心外な問題です。あの時点で、大阪維新の会が独立して一つの政党を作るということは、どうにもややこしい選択だと思って、私は反対をしました。執行役員会では、これに対する反論が起きて、彼は思いとどまってくれましたが」

 

「自分の志を遂げるためには、ある場合、自分の身に降りかかってくる不利不幸というものをあえて享受しながらでも、行動を起こさない人間は、孔子の言った人間の最高の徳である『仁』というものを体現できない…自分たちの政治生命を賭して自分の志を遂げたい」

 

「仕方がないよ、国のために私はそういう選択をしました」

 

「私たちは国会議員として、党として国民に対しての責任を負っているわけですからねえ。自分の節を曲げてまで思っていない道をいくことは私たちを選んだ国民に対して、期待してくれている国民に対して背信だと思いますね」

 

「事が起こるたびに内閣は『遺憾の意』を表明する。私はねえ、遺憾の意じゃなくて『怒りの意』だと思いますよ。日本人が鬱屈して持っている感情というものを沈静させ、国民を安心させるためのいろいろな措置をこれから取らなくちゃいけない。」

 

「中国の覇権主義も防がなくちゃいけない…私は日本が中国の属国にならせてはいけないと思う。子孫のためにも。」

 

「自民党よりも保守的といわれても、『すべき主張』を遂げていかなくちゃいけない」

 

「必ず公明党は足手まといになりますよと言ったんです。その通りになってきている」

 

「日本のようにね、自衛隊を構えながら交戦規定がはっきりしていない国は世界中にない」

 

「たとえばね、ソマリアの海賊の退治に日本の海自が出かけたときにね、ばかな何人かの議員が反対して、ピースボートを仕立てて、それに賛成する連中がでかけていって、向こうの船をチャーターして日本の海上自衛隊の艦船を監視したつもりでいたけれど、非常に不穏な状況で怖くなって、海上自衛隊に「いざというときに守ってください」という依頼をして…。これはさすがに体裁が悪くなって、彼らはそれを引っ込めて何をしたかと言うと、本国に打電して海上保安庁ならいいだろうと、海上保安庁に「出てきて自分を守ってくれ」と。これは非常に防衛庁も困惑して、現地にいる海上自衛隊の艦船にどういう訓令をしたかというと、とにかく相手が不穏な行動をしたときに警察官職務執行法にのっとって相手のやったことが『禁錮6カ月以上に該当する行為だったら取り締まれ』と。外国に出向いている自分の国の軍隊に警察官職務法にのっとって行動しろなんてばかな訓令をせざるを得ない国ってどこにありますか?急場に臨まなくちゃいけない自衛隊員がかわいそうですよ。日本には交戦規定がないんです」

【当サイトの考察】

石原新太郎氏らしい会見内容でした。日本の現状を憂い、何とか変え様としている気概を感じます。またこの内容から、橋本氏側は大阪都構想、政界再編に重きを置いたと言う事が分かります。それと石原氏側は、これまでずっと言い続けてきた、自主憲法制定などに重きを置いたと言う事ですね。

この会見を見る限りでは、石原氏側が、自分達の政治理念を突き通したと言う事で、政治家として責任を持っていらっしゃると思いました。片や橋本氏側も第1の目標としてきた大阪都構想を実現させると言う事は突き通していますが、その為に理念の違う結いの党との合併を急ぐという愚行を犯したと思います。

石原新太郎氏も会見で仰っていましたが、支持率の低い党同士が合流しても再編のインパクトにはならないと思います。

最後に仰っていましたが、ソマリア海賊の…馬鹿な何人かの議員が反対して、ピースボートをって話しは、先日取り上げた民主党の辻元議員の記事に書いているので、そちらをご覧下さい。

辻元清美議員 集団的自衛権行使の事例で安倍総理を反論するも突っ込みどころ満載

 

ダイエットサプリのミーコが無料
出会いSNS PCMAX(PCマックス)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

認証コード *

カテゴリー

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. SEALDs奥田愛基「“安倍しね”それくらい思って当然」自分への殺害予告は即集団的自衛権を発動した奥田愛基さん、安倍首相へ殺害予告紛いのツイートを行い批判が殺到、こっそりツイートを削除しツイッターから逃亡宣言01
    SEALDs奥田愛基「“安倍しね”それくらい思って当然」安倍首相へ殺害予告紛いのツイート 暴力…

おすすめ記事

  1. 民主蓮舫氏「うちわは公職選挙法違反!」過去自身も配った事がバレ「私のは紙だけで穴も開いてない」02
    1億総活躍社会に民主・岡田「民主のパクリ」 ソース:朝日新聞 民主党・岡田克也代表 …
  2. ユネスコ
    ユネスコ「南京大虐殺」を記憶遺産登録 ソース:産経ニュース 中国が申請していた「南京大虐…
  3. 小西洋之
    産経記事は、事実関係すら異なる違法な中傷記事であり法的措置を検討します。 ①差し替えたツイートが…
  4. 韓国旅行は危険!ミネラルウォーターは細菌が通常の1200倍で非衛生的な水を詰めていた事が発覚。2008年以降、韓国全土のホテル、飲食店で使用。2008年以降に韓国で無料の水を飲んだ人は漏れなく細菌まみれの水を飲んだ模様
    韓国旅行は危険!ミネラルウォーターは細菌が通常の1200倍で非衛生的な水を詰めていた事が発覚 …
  5. 岡田克也
    民主・岡田代表「日本も難民受け入れを」今年のはじめには移民受け入れを反対していた岡田 ソース:…
  6. 辺野古
    辺野古区住民「7~8割が基地容認、知事は区の民意を無視」「尖閣狙う中国の脅威を無視」 ソース:…
  7. 民主、自民の大沼瑞穂へのセクハラ暴行に「関係ない」「謝罪するつもりない」津田弥太郎は引退し逃亡の予定。決定的証拠があるにも関わらず謝罪もしない民主を自民は告訴すべき。中国、朝鮮半島の女性の人権にしか興味が無い売国民主。
    民主、自民の大沼瑞穂議員へのセクハラ暴行に「関係ない」「謝罪するつもりない」津田弥太郎は引退し逃…
  8. 国会前デモ連休が始まり参加者「1万人」が「200人」に激減。SEALDs奥田「もし法案が通れば国会前には今以上に人が押し寄せて大変な事になりますよ」現実は日当が出なくなり参加者は殆どいなくなった。
    国会前デモ連休が始まり参加者「1万人」が「200人」に激減 ソース:読売オンライン 国会…
  9. 民主・小西洋之らが参院特別委員会で暴力行為!自民党の女性若手議員が負傷していた!これに対し民主・福山哲郎こと元中国人の陳哲郎は与党に対し「暴力的な採決が無効」徳永エリ「民主党の女性議員が足をつかまれた」と逆ギレ
    民主・小西洋之らが参院特別委員会で暴力行為! 17日行なわれた参院平和安全法制特別委員会での安…
  10. SEALDs01
    「SEALDs中心メンバーの正体」同じ高校の出身者で左翼思想を徹底的に植え付けられた同志 ソー…
ページ上部へ戻る